修士論文

1. 海野 篤、「2糖類の集積化に関する研究 (機能性糖鎖クラスター合成モデル)」:指導教官、葛原弘美教授……平成10年3月 (Mar., 1998)

2. 小川裕治、「2糖セロビオースの構造改変と重合」:指導教官、葛原弘美教授……平成10年3月 (Mar., 1998)

3. 齋藤洋輔、「機能性材料としてのシクロデキストリンの活用に関する研究」:指導教官、葛原弘美教授……平成11年3月 (Mar., 1999)

4. 松沢克明、「酵素と有機合成を併用したキトビオースの調製と選択的化学変換」:指導教官、葛原弘美教授……平成11年3月 (Mar., 1999)

5. 黒澤英弘、「グリコシド誘導体の樹枝上高分子への結合反応に関する研究」:指導教官、葛原弘美教授……平成12年3月 (Mar., 2000)

6. 寺畠未希子、「機能性糖鎖を担持するカルボシランデンドリマーの合成研究」:指導教官、葛原弘美教授……平成12年3月 (Mar., 2000)

7. 岡 博之、「カルボシランデンドリマーの機能化に関する研究 -シアル酸の化学修飾と新規導入法の開発- 」:指導教官、照沼大陽教授……平成13年3月 (Mar., 2001)

8. 翁長朝典、「新規シアル酸誘導体の調整とクラスター化」:指導教官、松岡浩司助教授……平成16年3月 (Mar., 2004)

9. 竹澤 豊、「ベロ毒素中和剤の合成研究:グロボ3糖誘導体の大量合成法の確立と糖鎖クラスターのライブラリー化」:指導教官、松岡浩司助教授……平成16年3月 (Mar., 2003)

10. 吉田順子、「メチル化シクロデキストリン類の合成と物性評価」:指導教官、松岡浩司助教授……平成16年3月 (Mar., 2004)

11. 黒澤 直、「チオグリコシド結合型グロボ3糖誘導体の合成研究」:指導教官、松岡浩司助教授……平成17年3月 (Mar., 2005)

12. 松山恭子、「N-結合型糖アミノ酸の合成研究」:指導教官、松岡浩司助教授……平成17年3月 (Mar., 2005)
 
 

戻る